忍者ブログ

げーくんの日記

わたしは世界にひとりしかいません。そんなわたしが、日々の出来事で感じることや、ふと頭に浮かんだことを綴ります。お暇なら見てね。

[PR]

2017/12/12(Tue)13:17

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

地域マスタープランの疑問

2013/05/28(Tue)15:45

6月6日に川西振興会の理事会を予定しています。
地域マスタープラン等、地域づくり課からの説明を依頼しましたが、既に他の地域での説明会が予定されており、
来てもらえないのであれば、下記の内容についての説明書類でもあれば頂きたいとお願いしました。


①自治振興交付金の見直し内容について
 全体を下げるのか、少ない所を増やし多いところを下げるのか等具体的な考え方があるのであれば示してほい。

②トライアル事業と具現化事業の目的、対象内容、年度を超えても良いのかどうか、川西振興会が今年度事業実施する時、具現化も対象となるのかどうか。【そのつもりはないが…】

③マスタープラン策定の流れについて
 策定〈10万〉→トライアル(50万)→具現化(300万)→実証→人的支援と記載されているが、これは初年度策定した地域が対象となっているように感じます。今年始めた地域には策定の10万は対象となるが、トライアルや具現化は対象とならない。全地域がそのことについて確認していれば良いが、そうではないと思います。そうであるならば再度丁寧な説明が必要であると思います。

④人的支援について
 現在初年度にマスタープラン策定を行った中の4地区に人的支援が実施されているが、その選択基準は何か。小さな自治会である●●地区や●●地区は理解できるが、大きな自治会に人的支援が必要なのだろうか。今後小さな自治会が人的支援を要望されたらどう対応されるのか。

⑤トライアル事業を今年度実施される地域はあるのか【予定も含めて】

⑥具現化事業を実施される地域はあるのか【予定も含めて】


現在安芸太田町では住民との協働のまちづくりを推進しており、地域の課題を一緒に考えましょうというスタンスを取っています。
地域マスタープランの支援についても丁寧な説明が求められています。
PR

No.499|日記Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字