忍者ブログ

げーくんの日記

わたしは世界にひとりしかいません。そんなわたしが、日々の出来事で感じることや、ふと頭に浮かんだことを綴ります。お暇なら見てね。

[PR]

2017/10/19(Thu)07:04

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

漬物作りは畑づくりから  川西商店プロジェクト会議

2013/11/29(Fri)09:38

昨晩、第4回川西商店チーム会議が開催されました。
現在取り組んでいる漬物作りは、時期が深く関係しており、実施する時期がとても難しいものです。

本格的には春から土作りからはじめて、大根や白菜を植え、作物ができ、漬け込むと長いサイクルが必要となります。

まずはこの12月から試作品づくりを始める予定です。

本日11月29日は川西振興会のマスタープラン実施チームの6名のリーダーが集まっての会議が開催されます。
そこで各チームの実施状況、申請予定物品の協議を行います。



2013(平成25)年11月28日(木)
上原集会所 午後7時30分

2013年度川西振興会 
第4回「川西商店プロジェクト」会議まとめ


1.開会

2.リーダーあいさつ

3.これまでの協議経過について

 第2回会議のまとめ
 つけものの販売はどうか…保健所の許可はとれるか【別紙資料】
 ・河野と吉見は保健所関係を整理する。他のメンバーは漬物の種類や、素材について検討を行う。
 ・備品についてはある程度そろえておく。
 桶…大3中3、真空パック機…1、商品入袋…数種類、漬物ビニール袋…10、シ―ル機…1台
 塩…当面5キロ、
 ・平成26年から本格的に始動する。
広島県西部厚生環境事務所・保健所 広島支所 082-513-5533

第3回会議のまとめ
・保健所に11月21日(木)相談に行く【吉見・河野】漬物の製造、販売について。
・備品については女性陣で確認し見積書を用意する。
・漬物にする野菜を鮎ヶ平の畑を借りて作る…確定。【畑には川西商店の野菜畑の看板設置】
・今後の流れ…今年度に備品等を購入→お試しに大根を購入し付ける。本格的には、土づくりを行い、来年種をまき、野菜を収穫する。
・普通の野菜の漬物だけでなく、皆があっと驚く商品も試験的に実施する【今はナイショ】
・食品衛生の資格をとった佐々木さんにもこのチームに参加してもらおう。





4.本日の協議について

①保健所の許可について
 ・漬物については、許可でなく役場への届け出となり、自宅や集会所において製造されることについ
  問題はない。ただし、製造年月日、賞味期限、内容物、製造者のシールを貼る。

②今年度実施となれば、全ての物品を3月までに購入する。
 ・土作りの肥料の購入 300円×30袋
 ・種類は大根が主だが、他の野菜も実施していく。
 ・漬物桶と石 本実施の80リットルの桶【おもし石20k×1、10k×2、5k×2】…3セット
            20リットルの桶【おもし石10k×1、5k×2】…3セット
 ・漬物桶中ビニール袋 80リットル×6枚、20リットル6枚。
 ・真空パック機+詰め用のビニール袋 200枚  大きさの違うビニール袋を3種類×100枚
 ・測り 2つ 大根を測るもの、商品を測るもの
 ・塩 漬物の重さの15%…5k×10袋
 ・漬物の元…500円×5袋。
 ・漬物を洗う桶(+ザル)…4つ。 
 ・看板1つ…「川西振興会のだいこん畑」

・試作品用費用…大根20本を購入して実施。


③今後のスケジュールとして。
 ・必要なものを3月までに購入。
 ・畑を確定させ土づくりを開始…当面は100㎡として、徐々に増やしていく【鮎ヶ平の畑】
 ・試作品づくりを行う。当面大根は購入し漬け込む。今年12月からスタートする。
 ・来年の11月に大量に大根をつける。
 ・完成しだい、販売を行う。
PR

No.548|日記Comment(0)Trackback

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字